ホームページ
 > 外国人の方へ > 外国個人の方へ > 出入国
外国人管理(目録)
2006-10-12 04:27:45

一、  入国査証

1、入国査証に関する申請事項
外国人は下記の事項により訪中を急ぐ場合、中国公安部が授権した入国査証機構へ査証申請ができる。
中国側から臨時に要請され、貿易会に参加すること。
中国側から入札や貿易契約に要請されること。

契約に基づき、中国側に要請され、輸出、輸入、または工事などに関するチェックすること。
中国側に要請され、設備の組立てや工事整備すること。
中国側に要請され、賠償問題を解決すること。
中国側に要請され、科学技術を諮問すること。
団体訪中の査証を有しながら、中国側の同意を得たうえ、臨時に延期や調整すること。
重体病人の看病や遭難事件の解決により緊急訪中すること。
予想外で避けられない災難に遭い、24時間以内飛行機などの乗り物で出国できない中国を通過する者。
中国側の要請を受け、ビザ申請に間に合わないが、中国の関係機構の同意を得て、指定される港町へ査証申請の資格を有する者。

2、査証の手続き
中国関係機構の招請状、そしてまた中国と外交関係或いは政府間貿易関係のある国の旅券を有する者は、査証が申請できる。ただし、外国人記者及び外交、公用、官員、特別公用旅券の有する者は、査証が申請できない。中国と外交関係或いは政府間貿易関係のない国の者は、査証が申請できない。
外資の独資企業、中国に駐在する外国企業の代表者、そしてその企業に招請される入国者は、査証を申請する場合、予め(通常三日前)所在地の入国管理機構から派出する査証機構に申込む書類、企業の登記証、代表証、或いは企業営業許可証などを提出し、査証を申込む書類を書き込む。入国管理機構は同意後、登録番号記載の許可状を発行し、それを持って、査証をする。
関係機構からの招請状がなく訪中を急ぐ場合は、規定に従い、必要な書類を補完し、所在地の査証機構から審査し、許可を得たうえ査証をする。

3、査証有効期間
⑴F
字査証、有効期間六ヶ月以内;
⑵L
字査証、有効期間三ヶ月以内;
⑶G
字査証、有効期間一ヶ月以内。滞在期間10日以内
なお、発行した各種類の査証は、通常は一回のみ有効とする。

4、臨時入国許可。


123456789101112131415161718 >




[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统