ホームページ
 > 外国人の方へ > 外国個人の方へ > 旅行と観光
旅行社が取り扱う旅行意外保険の臨時規定
2006-10-12 06:18:58

第一章 総則

 第一条 《中華人民共和国保険法》と《旅行社管理条例》の関連規定により本規定を作成する。

 第二条 本規定は旅行意外保険を称すものは、旅行社が団体旅行を取り扱う際に、旅行者の利益を保護するために旅行者の代わりに保険金を支払う。旅行者が旅行期間中に意外事故が発生した場合、契約通りに引き受けた保険会社から旅行者に保険金を支払う保険行為というものを指す。

第三条 中華人民共和国国内の旅行社は旅行意外保険を処理するときに本規定を遵守すべきである。

第二章 旅行意外保険の賠償請求の範囲

 第四条 旅行社は団体旅行を取り扱うには、旅行者のために旅行意外保険に加入しなければならない。
 第五条 旅行社が契約した旅行意外保険の賠償請求範囲は、旅行期間中に発生した意外事故による以下の賠償請求を含むべきとする。
 (一)人身死亡/急性病の死亡による賠償。
  (二)負傷と急性病の治療による支出した医療費。
 (三)死亡処理と遺体送還にかかる費用。
 (四)旅行者が持っている荷物の紛失/損害或いは盗難にかかる賠償。
 (五)第三者の責任による賠償。
 入国旅行/国内旅行/海外旅行中の旅行意外保険には上述した各項の賠償比率は旅行社と保険を引き受ける保険会社が相談で決める。

第三章 保険期間及び保険金額

 第六条 旅行社が取り扱う入国旅行について、旅行意外保険の期限は旅行者がい境して、旅行社の手配した旅行コースに入った時点から、当該旅行の日程が終了後、出境手続を済ませて出境するまでとする。
 旅行社が取り扱う国内旅行/海外旅行について、旅行意外保険の期限は、旅行社が約定した時間に、旅行社が手配した交通機関に乗る時点から、当該旅行の日程が終了後、旅行社が手配した交通機関を離れるまでとする。

旅行者が自ら旅行社が手配した旅行日程をやめる場合、保険の期限はその旅行日程をやめる時点までとする。
 旅行者が双方の約束した旅行日程を終了させた後の自主旅行は、その旅行は意外保険に入らない。


1234 >




[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统