ホームページ
 > 外国人の方へ > 外国個人の方へ > 旅行と観光
ビジネス商業、訪問査証(F字)
2006-10-12 05:42:00

 

F字の査証は訪問、視察、講演、ビジネス、科学技術文化交流と短期研修実習などを目的とする、しかも期間が六ヶ月間を超えない者に発給する。

一、出願に必要な書類:

1、有効期間が6ヶ月以上の空白ページのある有効な旅券。

2中国査証出願表(Q1) 一部,2X2インチの最近に撮影された写真1(白黒、カラーのどちらも結構。出願表に貼る)

3、領事館の査証審査官より実情に応じて出願者に中国側の公司または会社の招聘状を提出するようにと要請する場合もある。

4、中国で出生し、後に外国籍を取得した者は第一回目のビザ申請時に以前に所有した中国のパスボートを提出する必要がある。もし申請者は外国籍を取得した期間が長くなった場合、新しいパスポートも古い外国のパスポートで更新された場合、元の古い外国のパスポートを提出し、その審査を受ける必要がある。

半年間または一年間の数次ビザを出願する場合、次のいずれかに該当する。

1)授権された中国国内の関係部門からの招聘状を持参する(招聘状には査証の有効期間、回数と滞在期間を明記するもの)。

2)中国で投資している者は、出願者の名前を記入した中国の《営業許可状》の原文とコピー件(原文は確認後に出願者に返却する)。

3)すでに中国で子会社を設立したアメリカ会社の管理職の場合、アメリカの親会社の査証出願書と中国における子会社の招聘状を提出する。 

4)一年以内に二回以上“F”字という査証で中国に入ったことのある場合、元の“F”字査証のコピーと中国側の会社、企業の招聘状を提出する。

5)契約履行のため、常に中国に来る場合、アメリカの会社の査証出願書と中国側会社と調印した契約の原文とそのコピーを提出する(原文は確認後に出願者に返却する)。   

出願表に記入したものは、本当でない、抜かして埋める、筆跡は明らかでない場合、拒否されることと旅期を遅延される恐れがあるので、ありのままに、備えて、出願表を明確に書き込むようにしてください。


123 >




[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统