ホームページ
 > 外国人の方へ > 外国個人の方へ > 出入国
国境外の香港、マカオ特区のパスポート及び旅行証明書の申請に関する注意事項
2006-10-17 09:51:26

香港特別行政区基本法とマカオ特別行政区基本法に基づき、香港特別行政区とマカオ特区政府が世界各地または各地域の人の入国、滞在と出国に対して出入国境の管理と規制を行う。香港とマカオ特区の中国住民が他の国に旅行に行く際、それぞれ中華人民共和国香港特区のパスポート、または中華人民共和国マカオ特区のパスポート、あるいは他の旅行証明を申請する。

香港、マカオ特区の中国公民が中国大陸に帰る際、香港・マカオ同胞返郷証、または中華人民共和国旅行証明を申請しなければならない。

(一)     香港特別行政区パスポート

1、  どういう人が香港特区パスポートと特区旅行証明を申請できるのか?

『中華人民共和国香港特別行政区基本法』第百五十四条によると、中華人民共和国香港特別行政区(以下は「香港特区」で略称する)パスポートが香港特区の永久住民の中国公民に配布し、香港特区のその他の旅行証明が香港特区のその他の合法居留者に配布する。

2、  海外にいる香港中国公民が如何に特区パスポートを申請するのか?

外国の駐在する申請人が中華人民共和国海外駐在大使館、総領事館、領事館、または直接特区入国事務局にて特区パスポートを申請可能。申請人が自ら行くか郵便送付か、2種類の申請方法があるが、パスポートの申請、または受け取りする際、少なくとも1回が自ら海外の駐在大使館か領事館、または特区入国事務局に行かなければならない。さらに申請材料の正本を提出し、審査してもらわなければならない。

3、  外国の駐在する大使館や領事館に香港特区のパスポートを申請する際、どういう手続きが必要であるか?

(1)       特区パスポートの関連申請表を書く。申請人が『香港特別行政区パスポート(外国)の申請案内及び申請書』(国駐在の大使館や領事館に請求可能)をよく読んで、申請表を書く。16歳または16歳以上の申請人がID843表を書き、16歳以下の子供がID844表を書く。 


1234 >




[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统