ホームページ
 > 外国人の方へ > 外国個人の方へ > 移住と永住
居留証を持つ外国人の注意事項
2006-10-17 10:09:15

居留証を持つ外国人は以下の問題を注意すべきである。

外国人はビザや居留証の有効期限が過ぎた後、引き続き中国で滞在、居留する必要がある場合は有効期限が満ちる前に延期を申請すべきである。

外国人は中国居留中、入国禁止の病気を患うことが確認されたら、中国衛生主管機関は公安機関にその事実を届け出て当該外国人を期限前に帰国させることができる。

外国人居留証に書いてある項目の内容(氏名、国籍、職業、或いは身柄、仕事先、住所、パスポート番号、同伴児童など)に変更があったら、当居留証の持参人は10日以内に居留地の公安局へ行って変更登録手続きをしなければならない。

外国人居留証を持つ方は所在市、県を転出する場合、転移する前に原居留地の公安局へ行って転移登録手続きをしなければならない。転入地に到着後、10日以内の転入地の公安局に行って移転登録手続きをしなければならない。

定住の外国人は移転を申請する場合、事前に転入地の公安局に転入許可の証明を申請しなければならない。その証明を持って前述の規定により転移登録手続きを行う。

国家の安全、社会秩序或いはその他の公共利益を守るために、市、県の公安局は外国人或いは外国人駐在機関が地域に住所或いはオフィス、事務所、駐在所を設立することを制限できる。すでに上述の制限地域に住所や駐在所を設立したものは市、県の公安局の移転通知書の指定した期限内に許可地域に転移するべきである。

中国定住の外国人は年に一度指定の時間に居留地の公安局へ行って、外国人居留証の再検証を受けなければならない。公安局は必要と認める場合は当該外国人を知らせて、出入国管理部門に来て外国人居留証の検証を受けさせることができる。当該外国人はお知らせに指定された時間通りに検証を受けに行くべきである。

外事人民警察の査証を受けるように、中国で居留或いは停留する満16歳以上の外国人は必ず身の回りに居留証かパスポートを持たなければならない。

中国で生まれた赤ちゃんは出生後一ヶ月以内にその父母或いは代理人により出生証明を持って、現地の公安局に届け出て、登録手続きを行わなければならない。

外国人が中国で死亡する場合はその親族或いは保護人或いは代理人が3日以内にその死亡証明を持って現地の公安局に届け出て、死者の居留証或いはビザを返上し、取り消さなければならない。

 





[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统