ホームページ
 > 外国人の方へ > 外国企業の方へ > 応用ガイド
外資投資企業申請の審査手順
2006-10-17 09:36:43

  外資の投資項目は、項目提案書についての審査(外資企業にはこの審査なし)、研究報告の審査と契約、規約の審査この三段階に分けて完成する。

  ()項目提案書についての審査。外資投資企業の成立を立案した中方(中国方)から項目審査機関に項目提案書と他の必要な書類を提出する。審査機関の批准を受けてから、次の審査を申請することが出来る。項目提案書は以下の内容を含むべきである。

1.共営する中方(中国方)の基本的状況、つまり中方の共営機関の名称、生産経営の概況、法定所在地、法定代表人等。

2.共営の目的、輸出して外貨の獲得、技術の導入等の必要性と可能性を重点的に説明する。

3.共営する外方(外国方)の基本的状況、つまり外資の名称、登記する国家、法定所在地と法定代表人の姓名、職務、国籍等。

4.共営範囲と規模、項目建設の必要性、製品の国内的需要と生産状況、及び製品の主な販売地区等を重点的に説明する。

5.投資の総額、共営の項目に投入する固定資金と流動資金の総額を指す。

6.投資の方式と資金の出所、共営の各方が投資する比例と資金構成の比例。

7.生産技術と主な設備、技術と設備の先進性、適用性と信頼性、及び重要な技術の経済指示を重点的に説明する。

8.主な原材料、水、電気、ガス運送等の需要量とその源。

9.人員の数量、構成と出所。

10.経済効果と利益、外貨の収支の手配について重点的に説明する。

共営する中方は審査機関に項目提案書を提出する外に、項目の規模及び特点によって審査機関に以下の書類を提出する。

1.項目の各方の合作意向書。

2.外資の投資情報の調査表。

3.審査機関の要求する他の書類。


12345678910 >




[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统