ホームページ
 >  >  >
浙江省における開発区のご案内
2006-10-19 12:05:34

 

  開発区概要

 

  現在、中国国務院の批准で成立された各種国家水準の開発区は、浙江省内では14ヶ所あり、浙江省政府の批准で成立した経済(技術)開発区57ヶ所ある。この開発区及び輸出加工区は活気に満ち溢れており、浙江省外資導入の集積地であり、経済発展が急速な地域である。開発区及び輸出加工区の設立は浙江省の経済を大いに促進しており、産業の調整及びレベルアップに対して多きな役割を果たしている。

  2006年度、浙江省の各国家級開発区と省級経済開発区は工業総生産高は8669.4億元で、前年度より39.8%増え、全省の30.5%を占める。工業の増加額は1817.0億元で、前年度より34.4%増え、全省の32.1%を占める。輸出総額は327.9億ドルで、前年度より41.1%増え、全省の32.5%を占める。財政収入は455.9億元で、前年度より43.1%増え、全省の17.8%を占める。実際の外資利用額は44.5億ドルで、前年度より11.6%増え、全省の50%を占める。

 経済(技術)開発区及び輸出加工区にはインフラ基盤が完備され、各種の工業建設及びハイテク産業開発の需要に応じられ、投資に対する良好なソフト環境を築き上げている。同時に政府関係行政部門が開発区に出張所を設立し企業、投資者の為に関係手続きの代理等、木目細やかなサービスを提供する。

杭州湾経済開発区

  杭州には国家や省レベルの開発区が39箇所があり、独特な地域的優勢に恵まれて上海とつながって、長江デルタ経済地域に入る。杭州経済開発区は開放型経済や先進的な制造業基地を力入れて発展して、すでに浙江省の対外開放、外資利用、新興産業を促進する主な地域となった。

  杭州湾の国家や省レベルの開発区はいい産業基礎を持ち、臨港重化学工業、設備製造と現代加工などの領域では、特色を持ている主要な産業がもうできて、浙江省が産業の調整及びレベルアップを推進する顕著な地域となった。信息電子、光電機電一体化、生物医薬、新材料などの領域ではものすごく省内外の一流な企業と研究機関が集まっている。
 杭州湾の国家や省レベルの開発区は、浙江省が杭州湾産業帯を構築する核心な地域であり、対外開放の先導区、産業建設の集合区、城市発展の功能区、また、制度創新の実験区と科学進歩の模範区である。


2006年度総合指標トッポ3位の国家レベルの開発区

寧波経済技術開発区
杭州経済技術開発区
 杭州ハイテク産業開発区

2006年度総合指標トップ10の省クラスの開発区

  湖州経済開発区
嘉興経済開発区
嵊州経済開発区
長興経済開発区
金華経済開発区
紹興柯橋経済開発区
  桐郷経済開発区
余姚経済開発区
 慈渓経済開発区
南潯経済開発区





[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统