ホームページ
 > 経済 > 開発区 > 輸出加工エリア
寧波輸出加工区
2012-05-18 15:49:16

寧波保税特別区は1992年11月に国務院の認可をもらって設立したのであり、東区、西 区、南区と三つの区に分けて、総面積は2.3平方キロである。輸出加工区は2002年6月に設立して、企画面積は3平方キロで、初期開発面積は2平方キロで、2003年10月に動き始めた。2004年8月、寧波では港と園区を連結して一体化する認可をもらって、保税物流園区を設立したが、企画面積は0.95平方キロである。2005年8月30日、寧波保税物流園区は正式に国家の検査を通った。

保税区と輸出加工区は役割が重ねた所もあり、それぞれの優勢もあるが。「免証、免税、保税」という政策が通用する両区は、税関によって特別管理を行って、対外開放レベルが高く、わが国では最も特典を与えている経済地域の一つである。保税区は輸出加工、対外貿易、倉庫と物流という三つのメイン機能を果たしているが、輸出加工区は名の通り輸出品を加工する機能を持っている。保税物流園区では「免証、免税、保税」と国内貨物の税金還付という政策が通用しているが、主要な機能は物流である。

寧波保税区、輸出加工区は管理が統一されて、機能も政策も互いに補って、産業が連動して発展することに図られて、中国大陸で投資環境が最も優越で、機能が最も整備されている地域の一つである。両区の管理委員会はともに寧波市政府派出機関であり、一つの棟で事務を行っている。保税物流園区も保税区管理委員会によって管理することになっている。

今まで、40近くの国家と地区の投資者は区内で設立した企業は5000社にのぼって、登録資金は40億ドルあまりに達して、そのうち外資系企業は855社で、契約資金は29億ドルである。ハイテク項目を171個導入しており、投資額はおよそ24.3億ドルに達した。今まで、区内ではすでにコンピューター産業群、半導体光電産業群、精密機械産業群、留学生が創業した企業群、ソフトウェア産業群、対外貿易、倉庫と物流企業群になっており、華東地区のハイテク産業発展中心地と重要な輸出入物流集散地になっておる。また、2005年5月に、情報産業部に国家(寧波)集成電気回路産業園だと認可されておる。





[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统