ホームページ
 > 経済 > 開発区 > 輸出加工エリア
慈渓輸出加工区
2012-05-18 15:50:25

慈渓輸出加工区は2005年6月に、国務院の許可を経て、正式に設立された。

加工区が位置する行政地域の慈渓市は、代表的な地域的優位性と産業的優位性を持っている。慈渓市は、東は寧波市の北侖港から約60キロメートル、北は上海市から148キロメートル、西は杭州市から138キロメートルのところにあり、長江デルタである滬(上海)杭(杭州)甬(寧波)金(金華)の地理的中心に位置する。杭州湾大橋が着工されたことに従って、上海をリーディングとしての長江デルタ一体化のテンポは加速しつつある。大橋の南端に位置する慈渓市は、地域的優位性が日増しに際立つようになった。慈渓市は製造業の基礎がしっかりしていて、比較的に強い加工製造能力が既に形成し、世界一のアイロン、ライター、トランプ、へちま繊維保健製品、アジア一のカーテン生地、中国一の欧風コンセント、密封ジョイント、ミニシャフト、②電子銅質ベルト、飲水機、糸噴出機の生産基地となっている。近年来、慈渓の家電産業は高度な発展振りを見せて、企業は1800社余りあり、下請企業は1万社近くある。慈渓は浙江省寧波市環杭州湾産業地帯計画における重点地域として、外国の投資者には新たなホットスポットとなってきている。2005年、慈渓市は実際に利用した外資額が浙江省で第四位を占めている。

慈渓輸出加工区は慈渓経済開発区に立地され、区内のインフラ整備は整っていて、大型工業プロジェクトの実施に適合する。現在、「五横七縦」という自動車道路ネットワークは既に形成され、3.5万ボルト変電所、11万ボルト火力発電所及び汚水処理工場は既に運営し始めた。公安派出所(消防)、郵便局は既に設置して運行し始めた。また、交通、環境衛生、ガス蓄蔵•輸送など関連プロジェクトの整備も取り組んでいるところである。同時に、杭州湾新区国際物流センターの設立も申告中という。

加工区では、専門的に税関監督管理機関が設立され、隔離施設及び効果的な監督•コントロールシステムが整備され、隔離的かつソケット式管理が取り入れられて、税関の隔離的運行が実現するみこみ。加工区の機能的位置づけは、加工を主とし、電子、機械産業を主とし、最終製品の直接輸出を主とするいわゆる「三つの主」に重点を置き、多国籍企業の投資に大いに力をいれ、産業の下請能力が強いという優位性を充分に発揮し、加工貿易産業リンケージを延長して、加工貿易の転換•レベルアップを促進しようとする。





[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统