ホームページ
 > 外国人の方へ > 外国個人の方へ > 出入国
中国査証手続きご案内
2012-05-18 16:46:42


 

中国の査証は中国の査証機関より中国を入出国或いは通過する外国人に発給する許可証明である。中国の査証機関は外国人の身分、目的に応じてしかもパスポートの種類をもとにし、外交査証、礼遇査証、ビジネス査証或いは普通査証に分けて発給する。以下は普通査証に関する案内と申し込みのプロセスについて重点的に紹介する。

一般査証は八種類に分け、八つの中国語のピンイン文字(D、Z、X、F、L、G、C、J-1、J-2)をコードとする。

D字査証:中国に定住する者に発給する。D査証を申請するには、定住身分確認表を持たなければならない。定住身分確認表は申請者本人または中国における親戚に依頼して定住地の市、県公安局出入境管理機関に申請を申し出、受け取る。

Z字査証:中国で勤務するまたは就職する者とこれらの者と同一の世帯に属する家族に発給する。Z査証を申請するには、『中華人民共和国外国人就職許可書』(就職許可書は中国の招聘会社より各省、市の労働部門に申請する)とその権限を授けられる側の査証インビテーションを提出しなければならない。

X字査証:中国に留学、研修、実習期間六ヶ月以上を目的とする者に発給する。X査証を申請するには、受け入れた部門またはその主管部門の証明を持たなければならない。つまり『外国人留学生の中国に来る出願表』(JW201表或JW202表)、『採用通通知書』と《外国人健康検査記録』のことである。

F字査証:中国へ招聘を受けて訪問、視察、講演、商用、科学文化交流と六ヶ月を超えない短期研修、実習などの活動を行う者に発給する。F字査証を申請する際、中国招待側の招聘状とその権限を授けられる側の査証インビテーションを提出しなければならない。

L字査証:中国へ観光、親戚訪問、とその他の私用を目的とする者に発給する。L字査証を申請するには、原則として観光に来る者は、十分な旅費の証明、必要な場合には中国を離れて中国以外の国へ赴こうとする航空券、切符或いは乗船券を提出するよう要求されることもある。親戚訪問などを目的とする場合、国内の親戚からの招聘状を必要とする場合もある。

G字査証:中国を通過する者に発給する。G字査証を申請するには、向かう国への有効ビザとクーポンを持つ必要がある。

C字査証:乗務、航空、運業を担当する国際列車の乗務員、航空機の乗務員と船舶の乗組員及びその随行している家族に発給する。G字査証を申請するには、双方の契約アロイは中国側の関係書類を提出する必要がある。

J-1査証:中国に長期駐在する外国の記者に発給する。

J-2字査証:中国へ臨時取材を目的とする外国の記者に発給する。J-1、J-2字査証を申請するには、中国主管機関の証明を提出する必要がある。

上記の各種類をを申請する際に、上記の関連書類を提出するほかに、関連の質問に答え、また以下の手続きを履行しなければならない:

有効のパスポート或いはその代わりの証明書を提出する;

申請表を記入する上に、二寸の本人最近の正面脱帽する半身の写真一枚を提出する;

査証代を交付する。

中国の査証機関は、中国の各国駐在大使館、総領事館、査証事務処、香港駐在特派員公署領事部或いは外交部より授与されたその他の駐外機構である。中国に入国するあるいは通過する外国人は、中国の上記の機関へ査証の手続きをすべきである。査証申請手続きに関して、近くの中国の査証機関に問い合わせください。
 
 


 





[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统