ホームページ
 > 外国人の方へ > 外国企業の方へ > カタログガイド
外国商人による投資のパターン
2012-05-18 17:05:36

 

 中外合資経営企業、中外合営企業、外資企業は中国における外商投資株式会社、投資性会社、共同開発、BOTなどが含まれている。

 一、中外合資経営企業

 中外合資経営企業はまた株式合営企業とも呼ばれている。それは外国の会社、企業やほかの経済組織或いは個人が中国の会社、企業或いはほかの経済組織と中国国境内において共同に出資して設立した企業である。その特色は合営の各側は共同に投資し、共同に経営し、その出資の割合によって共にリスクを担い合って、共に利益を取り、損失を負担するということである。

 中外合資経営企業の設立型は有限責任会社で中国法人の地位を有する。

 外国投資者の登記資本金に占める割合は一般に25%を下回ることができない。合営者は現金で出資でき、建築、工場の建物、機関道具設備やほかの原料、工業所有権、専有技術、空き地の使用権などでも資本に換算して出資できる。

 外国投資者の受け取った利潤やその他の合法的権益は海外へ為替送金でき、中国国境内に再投資するのもできる。

 二、中外合営企業

 中外合営企業はまた契約式合営企業とも呼ばれる。それは外国会社、企業やほかの組織或いは個人が中国の会社、企業或いはほかの経済組織と中国国境内において、中国と外国側の提供する合営条件で共同に設立した企業である。

 中外合営企業の合営の各側は各自の提供する条件、権利、義務、収益配分やリスク、債務の負担、企業管理の型、契約完了後の財産の処理などについて共に話し合って企業契約に明確に定めるべきである。中外合営企業を設立する場合は一般に外国合営者によって全部或いは大部分の資金、技術、主要設備を提供し、中国側は通常土地の使用権、現有の工場建築施設或いは一部の資金を提供する。

 合営企業は法人資格を有するものもあれば、法人資格を有しないものもある。

 三、外資企業

 外資企業は外国の会社、企業、その他の経済組織或いは個人が中国の関係する法律によって中国国境内において設立した全部の資本は外国人投資者が投資した企業を指す。

 外資企業の設立型は有限責任会社で、外国企業やその他の経済組織の中国国境内における支店を含まない。


12 >




[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统