ホームページ
車俊氏が米国駐中国大使と会見
2018-04-13 11:28:40

  3月23日、浙江省委書記・省人大常委会主任の車俊氏が杭州で米国駐中国大使の

  テリー・ブランスタッド氏夫婦一行と会見した。

 車俊氏はテリー・ブランスタッド氏一行に対し、歓迎の意を表し、全国両会の主要成果と浙江省の経済社会発展状況について説明した。車俊氏は「長期的かつ健全で安定した中米関係は両国民の根本的な利益に合致し、世界の平和、安定、繁栄にもつながる。浙江省は開放的で有力な省であり、米国との経済貿易協力が非常に密接で、互いに重要な経済貿易パートナーとして、ウィンウィンの関係を実現し、協力の領域も非常に広くなっている。浙江省と米国の経済貿易、投資、教育、文化などの領域における協力について、大使から更なる関心とサポートを得て、双方の協力とウィンウィン関係の構築を促進したい。」と述べた。

 テリー・ブランスタッド氏は浙江省の美しい自然環境と良好な市場環境を賞賛し、発展の成功に対して敬意を示した。テリー・ブランスタッド氏は「大使館による努力を通じて、米国と浙江省の経済貿易、教育などの各分野における協力を促進し、新しい成果を達成し続けたい。」と述べた。

 トランプ大統領が中国製品に対し大規模な関税を課すことを目指す、大統領覚書に署名したことについて、中米経済貿易関係は最も重要な相互貿易関係で、双方の理解と交流を深めることが極めて重要で、共同して経済貿易協力の健全な発展へ誘導すべきと、双方共に示した。

 省委常委・秘書長の陳金彪氏、副省長の朱従玖氏と在上海アメリカ総領事館のショーン・B・スタイン総領事が会見に出席した。





[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]