特色産業
情報産業
温台沿海部産業
軽工業
冶金産業
観光業
金衢麗高速道路沿線の産業
製薬業
環杭州湾産業帯経済
浙江省の紡績産業
浙江省の機械工業
石油化学工業
   
ホームページ
 > 経済 > 特色産業 > 観光業
観光業
2013年の観光経済動向

(一)2013年の観光業発展動向

  2013年は党の第十八期代表大会精神を全面的に実行する元年で、浙江省の十三回党の代表大会で打ち出された「物質、精神両立の社会主義近代化浙江精神」を確立する重要な年である。中央政府および地方政府が内需拡大の重要性に対しての意識が高まり、最近、最低賃金のアップ、企業退職後の養老年金の増加などの施策を次々と打ち出した。全国の「両会」の後、社会保障システムと医療保障システムも更に完備され、市場物価は次第に安定になり、住民の消費意欲と消費自信が更に強化され、消費成長のプラス要因が徐々に高まるようになる。そのため、全省の観光業発展を支える基盤が揺らぐことなく、市場の基礎はまだ存在し、また、経済のモデルチェンジとアップグレードを推進して、美しい中国建設などの重大な施策が観光業の発展に新しい歴史的なチャンスをもたらした。したがって、2013年および、今後数年間、省全域の観光業は大幅に発展する戦略的なチャンス期を迎えると言えるだろう。

  同時に、多くの不確実性が省全域の観光開発に悪影響をもたらす可能性を冷静に対応し、注意を払う必要がある。世界的な金融危機が依然として深刻な状況下中・長距離の外国人観光客中国観光熱情と観光消費支出が依然として抑えられ、そして国際観光市場の激しい競争が外国人観光客を分流したため、わが省のインバウンド観光市場発展の空間はさらに抑制され、インバウンド観光市場は依然として厳しい情勢にある。観光業自体から見れば、省全域の供給・需要構造の矛盾が依然として存在しており、観光産業の産業分布、産業構造が更なる完備、改善を向上させ、市場秩序とサービス品質をさらに向上させる必要がある。

(二)2013年の観光経済発展指数予測

  世界観光機構は、2013年全世界の観光業の成長は2012年より少し下回り、しかし依然として3%4%の幅に横ばい、アジア・太平洋地域の成長は2013年に全世界のトップを占め、増幅は 5% 6%になるとの予想である。国家観光局は2013年の全国観光業発展目標を観光総収入 2.85兆元とし、11%の伸び率;インバウンド観光客が延べ人数32億とし、10%の伸び率、国内観光収入が 2.49兆元とし、12%の伸び率;外国人観光客が延べ人数1.34億とし、1%の伸び率、その中、宿泊客は延べ人数5850万で、2%の伸び率,観光外貨獲得額は500億ドル、3%の伸び率;アウトバウンド観光客は延べ人数9200万、15%の伸び率;直接雇用を50万人あまり新たに増加するという目標を打ち出した。

  まとめて見れば、2013年に浙江省の観光産業は、依然として着実な成長を見せ、観光総収入が5281億元となり、10%の伸び率を達成、全省は国内観光客を延べ人数 4.38億受け入れ、12%増、国内観光収入5147億元で、15%増;インバウンド観光客を延べ人数909万受け入れ、5%増、インバウンド観光収入が55億ドルで、8%増;全省旅行社の募集されたアウトバウンド観光客は延べ人数200万を突破し25%以上の伸び率となった。





[このページを印刷する] [ウィンドウを閉じる]
 
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统